Home

f:id:turquoise0622:20180311220810j:image

遠くに明かりが見えた

駅のホームから

商店街の人気のない暗さ

炭酸ジュース、思い切り投げ込む

誰かに届く

返事のないボトル

手紙を入れたわけでもなく

海に浮かぶ瓶でもない

いつかはどこかに行き果てる

Airplane

f:id:turquoise0622:20180306083128j:image

 

僕は眺めていた
窓から見える
星のカタログを


あの星は言うだろう
空飛ぶ点滅が
よりどりみどりだと


星のようには結ばない
街をつなぐ線
夜の帳が星を描く