読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書メモ

An undergraduate. The contents uploaded are mainly notions about books I read, especially anthropology.

Godelier, Maurice 2011, The Metamorphoses of Kinship. まとめ②

pp. 10-22. MORGAN, THE FOUNDER 【概要】モーガンには二つの側面がある。一方で人類学における親族研究の草分け的存在であり、一方で、進化論的見方により人類を理解しようとした存在であった。西欧的な見方の非中心化を図り、親族研究を人類学の得意分野に…

Godelier, Maurice 2011, The Metamorphoses of Kinship. まとめ①

Introduction, pp.1-10. 1.「親族」の変化――現代の展開 20世紀の最後の30年は、家族関係や家族についての考え方において、変動(upheaval)が見られた。同時に、私たちは人びとの生活における甚大な変化も見た。 いくつかの事実がこの変化を実証している。…

Godelier, Maurice 2011, The Metamorphoses of Kinship. メモ②

pp.5-7. Generally speaking, then, in our society, marriage is no longer the act that founds the couple. Networks of related families exist and continue to lend* support to their members, beyond the boundaries of their birth or conjugal* fa…

ゴドリエ、モーリス『人類学の再構築 人間社会とは何か』序章

2011年、明石書店、訳者は竹沢尚一郎、桑原知子。序章「人類学はなんの役に立つのか」 ●内容概略序章ではゴドリエの、人類学に対するスタンスのようなものが述べられている。まず前半では、近年の人類学を取り巻く「危機」が述べられ、人類学の宿命、今日の…

Godelier, Maurice 2011, The Metamorphoses of Kinship. メモ①

pp.1-3.(Introductionから) ・20世紀の最後の30年は、家族関係や家族についての考え方において、変動(upheaval)が見られた。同時に、私たちは人びとの生活における甚大な変化も見た。・いくつかの事実がこの変化を実証している。 =結婚の減少、別居や離婚…

「endless 山田正亮の絵画」

ずいぶん前のことだが、東京国立近代美術館で開催されている「endless 山田正亮の絵画」へ足を運んだ。感想から言うと、非常に良い展だったと思う。ルールをわからず言うと、自分は展示されている絵画から判断して、山田正亮は「色、対象、見るということ」…

AKDENIZ

池袋のトルコ料理店に行った。 値段もそこそこ安いし、なにより美味しい。 店内の雰囲気も良かった。 池袋駅周辺は非常に栄えていて、歩いていて楽しかった。 こういう繁華街の中で過ごす大学生活も面白そう。 店内入口。ベリーダンスショーを行う日もあるそ…

LIFE!

今日は池袋まで「LIFE!」という映画を見に行った。 映画のあらすじはこうだ。 ・・・・・・・ ごく平凡で地味、不器用で臆病、そんな取り柄のない男ウォルター・ミティは、単調な日々を過ごしていた。そんな退屈な毎日の中で、ウォルターの唯一の特技は突飛…

「ことばの力学――応用言語学への招待」

言語学を現代社会の諸問題の解決に活かす「応用言語学」についての一冊。 方言、バイリンガル、国家、法、無意識、言語障害など、多くのテーマに触れていて、非常に面白かった。 認知科学とか、社会学とも関連するところもある。 何か勉強するとき一つでも専…

クロックヒン

今日は水道橋に行く用事があり、比較的早く済んだので、そのまま上野へ行く。 アメ横に「野澤屋」という食品店(http://www.nozawaya.com/)がある。 今日はそこでクロックヒンという石臼を買った。 これでカレーペーストを作ったりする。 東南アジアで料理の…

川苔山

川苔山へ行くハイキングに参加し、日帰りで行ってきた。 おおざっぱに、鳩ノ巣駅~山頂~川井駅。 帰りに河辺駅で下車し、梅の湯という駅前の温泉に入る。 川沿いのルートでなかったので水辺の景色を楽しむということはなかったが、 それでも楽しめた。 今度…

「七人の使者」

「前へ、前へ!平原で出会った放浪の旅人たちは国境はそう遠くないと言っていた。私は休まないよう家来たちを励まし、彼らの口の端にのぼる弱音を𠮟った。出発以来四年たった。なんと長い労苦だったことであろうか。都や、わが家や、父のことがまるで信じら…

授業開始

月曜日、授業が始まった。 といってもまだガイダンスだから、早いのは1時間もしないで終わる。 履修もほぼ組み終った。予定単位数はかなり少ない。 でも、読書やらレポートやらで忙しくなりそうだ… 今日はブックセンターで「7人の使者・神を見た犬」を買って…

普遍教育ガイダンス

なかなか朝起きられなくてつらい。 今日は普遍教育ガイダンスに行ってきた。 一般教養みたいなものだろうが、各領域の専門の先生方が教えているというのは よさそうだと思った。 まあ、個人によるんだろうけど。 新生活だといろいろとそろえなくてはいけない…

入学手続き

何事もなく終わってよかった。 大学を訪れたのは試験日以来2度目だけど、やっぱり総合大学だと広くていい。 部屋探しも終わったし、明日は履修案内でも読むかなあ。 帰り道、ベイブリッジから見た工場の夜景が素晴らしかった。 ナイトクルーズがあればぜひ参…

大学

4月から大学生。楽しくなるといいなあ。