読書メモ

An undergraduate. The contents uploaded are mainly notions about books I read, especially anthropology.

Godelier, Maurice 2011, The Metamorphoses of Kinship. メモ①

pp.1-3.
(Introductionから)

・20世紀の最後の30年は、家族関係や家族についての考え方において、変動(upheaval)が見られた。同時に、私たちは人びとの生活における甚大な変化も見た。
・いくつかの事実がこの変化を実証している。
 =結婚の減少、別居や離婚の増加など。そしてこれにともなう再婚した家族や父子(母子)家庭の出現および増加。
ただ、婚姻上の家族が変容する中で、結婚の軸(axis)は弱くなろうとも、認知(filiation)の軸はいまだなお強固である。つまり、「誰の子どもであるか」については、私たちの考えは強固であると思われる。
・しかし、認知それ自体ももはや自明ではない。というのも、近年の生物学における発見や新しい生殖技術の登場によって、それを定義することが非常に複雑になっているからである。たとえば代理出産など。
ここから生じる疑問:「本当の」母とはいったい誰であるのか?
・ただ、これらの変容が親族の世界(the world of kinship)を深く変えようとも、ヨーロッパにおいて長らく親族の定義および表象(representation)の基盤であった原理を揺るがしているわけではない。
 その原理:親族とは基本的に、生物学的、系譜的つながり(tie)両方の世界である。そしてそのつながりというのは、時間的に連続した異なる世代間、あるいは同世代間の、同性または異性の個人間でのつながりのことである。
・にもかかわらず、以前は禁止されたり抑圧されたりしてきた「夫婦(unions)」が、ここ20数年来で、明るみに出るようになったし、程度の差こそあれ世論にも暗黙に受け入れられるようになった。
・ここで私たちは二つの逆説にあう
:同性カップルは結婚を求める一方、異性カップルは結婚を避けつつあるという逆説。
:同性カップルにおいて、親であること(parenthood)というのは、単に多かれ少なかれ社会的、感情的なリアリティであることによって、十分に実現されうるものであるという逆説。
・これらの現代の展開(development)は今一度、親族に関する人類学の秀でた役割を確認するものであるかもしれない。そしてそれは、多くの法学者、政治家、心理学者たちによって実証されてきたかもしれないことでもある。
だが、人類学者はいまだ親族に関する興味はあるのだろうか。人類学者は親族について1980年代にも関心を持つことをやめてしまったのではないだろうか。
・人類学の花であり得意分野であると考えられてきた親族の研究について確かめる前に、私たち自身の親族システムの原理について振り返ってみよう。
(.....our own kinship system.まで)

 

pp.3-5.
(The Western European system...から)

・西洋のシステムには3つの構成要素があるのだが、それは私たちの社会で親族関係の深層構造(deep structure)を維持するよう、私たちを互いに結びつけるものである。そしてそれは、西洋人が生まれ育つときのフレームワークである。
・3つの構成要素
 :一夫一妻である核家族
 :姻戚あるいは血族によって関係した家族のネットワーク
 :自己を起点とした親族(Ego’s kindred)

・親族の分野を成すこれら3つの要素は、アンシャン・レジーム下で存在した。しかし、これらは他の要素とも関連していた。それはフランス革命と1804年のナポレオン法の発布の後に消えてしまったか、新しい社会での状況の変化とその変化による新たな道徳、性に関する秩序にさらされたりしたか、というものである。
アンシャン・レジームに特有のこの、価値、実践、権利の形状(configuration)は、1804年の「市民的な」結婚の制度とともに変化し始めた。
・19世紀では、同棲はいまだ汚名を着せられていた。
その汚名:同棲は、低階級の人びとによる、あるいは社会のしきたりを守らないことを選んだ個人による実践である、という汚名。後者は例えばアーティスト(artists)
・そして結婚は、市民的なものにせよ宗教的なものにせよ、カップルをつくりだした(founded)行為(act)だった

・以上、19世紀をさっと概観したが、これは1960年代以来増加してきた変化を示すためのものに過ぎない。1960年代というのは、変動のはじまりの中で新しい社会が形を帯び、広がり始めた(began to thrive)時期だった。そしてこの変動というのは、第二次世界大戦とその後の世界の二分という局面までに西欧でつくられた(wrought)ものだった。
・1970年のフランスでは、父の権威(authority)という考え方は放棄され、親の権威というものに取って代わられたが、これは父母双方に平等に共有されたものであった。そしてこれは、親に対して責任を申し付けた(enjoined)のだった。何に対する責任かというと、道徳、安全、教育、健康、さらには別居や離婚に関する責任であった。親の権威は、こうして公衆の秩序のための機能(function)とみなされ、これは国によって保証されたのだった。
・1975年にはフランスで、「相互の同意」による離婚が可能となり、2009年には結婚したうちの39%が離婚している。
・というわけで、一般的に言って、私たちの社会では、結婚はもはやカップルをつくりだす行為ではないのである。

(Generally speaking, ... no longer the act that founds the couple.まで)

以下メモ。
・親族論に疎いので、適切な訳語がわからない。かつ、単語の意味も汲み取れない。
・歴史的背景を学ぶ必要がある。
・英語の一文が非常に長いことがあり、訳出が大変。ただ、構造ははっきりしていて読みやすい。