読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書メモ

An undergraduate. The contents uploaded are mainly notions about books I read, especially anthropology.

Godelier, Maurice 2011, The Metamorphoses of Kinship. まとめ②

pp. 10-22.

 

 

 MORGAN, THE FOUNDER

【概要】モーガンには二つの側面がある。一方で人類学における親族研究の草分け的存在であり、一方で、進化論的見方により人類を理解しようとした存在であった。西欧的な見方の非中心化を図り、親族研究を人類学の得意分野にする一方、結局、進化論的説明に終始したのであった。

 

ルイス・ヘンリー・モーガン(モルガン)、1818-1881。アメリカ、ニューヨーク生まれ。弁護士、政治家。イロクォイ同盟(confederation)のセネカ族の調査を行う。 

 

モーガン――人類学における親族研究の草分けとして

●当時の科学的な説明のパラダイムダーウィンの進化論。
セネカ族のフィールドワークにおける、親族に関する発見。
・それは、親族関係が、彼ら自身の論理を反映しているというものであった。そして、それはヨーロッパ人や、欧米の体系とは非常に異なったものだった。
① ヨーロッパでは、父と父の兄弟とを、それぞれ「父」「オジ(uncles)」と区別する。一方で、セネカではその区別がない。
② ヨーロッパでは、「イトコ(cousin)」と言えば、父母の兄弟姉妹問わず「イトコ」と呼ぶ。セネカでは、「FB、MZ」と「FZ、MZ」とを区別する。(人類学者が呼ぶところの、「平行イトコ」と「交叉イトコ」)
以上から、モーガンは結論を導き出す。
=これらの用語法を決定する原則において根本的な差異がある。
   それは、「類別的体系」と「記述的体系」という区別である。

『人類学とは何か』から引用。
「親族を理解し説明するために、モルガンはいくつかの進化論的図式を提案した。そしてそのうちの一つは、いまも用いられている。それは、「類別的」と「記述的」の区別である。」
エリクセン 2008:132]
モルガンの世代の文化史家も人類学者も、多くが親族に興味関心を持ち、そしてそれを進化論的眼鏡で捉えようとしていた。そしてその中でモルガンは、原始乱婚→母系出自→父系出自に発展したと考えた。[エリクセン 2008:133]

 

・加えて、イロクォイの外婚集団をラテン語のgensを用いて区別した。そしてこのような親族集団を「母系出自」と呼称した。

●北アメリカのインディアンの調査
 ・言語や文化は異なるが、親族の用語体系がセネカのものと同じだった。
→このような種の親族体系を「イロクォイ」とした。
 ・一方クロウやオマハは異なった用語体系や婚姻規則であった。
  →これらの相異から、幅広く親族用法や婚姻規則を調査することに。

●世界中の親族の分類
 ・親族に関する質問票を世界中の植民地行政官、宣教師、公務員(civil servants)に送付
  ・質問票=自己を起点/終点とした、親族構成を問うもの
 ・さまざまな親族を名付ける
  ・Punaluan(Hawaiian)やTuranian(Dravidian)など。
  ・ヨーロッパは「Eskimo」型
 ・1871、『人類の血縁と姻族の諸体系』を出版。スミソニアン学会の後援。

モーガンの人類学への貢献
 ・系譜を問う質問票を用いる方法の確立
 ・非ヨーロッパ社会における、社会の構成原理としての個人や集団をつなぐ原則の「発見」
 →これらは、モーガンの非中心化への努力に負うものである。
  ・彼自身の(つまり欧米の)社会や文化の枠組みに関する思考の非中心化

 

 THE INCOMPLETE DECENTRING

 

モーガン――進化論者として

モーガンの功績、他の側面
 ・手元のデータを整理し分析することで、人類の進化を明らかにしようとした
  ・1877、『古代社会』を出版
   ・人類は「野蛮な」状態から「文明化した」状態へ移行する
   ・頂点は、移住したヨーロッパ人によって建設されたアメリカである。
   ・3つの継続的な段階――野蛮、未開、文明化――にさまざまな社会を位置づけた
 ・西洋の形式を非中心化しようとする一方、進化論的図式による人類の説明を行う
  →結果として、西洋を頂点とした進化の道筋を提示(非中心化の失敗)
   ・マルクス唯物史観に位置づける目的で、エンゲルスによって援用される
 ・西洋の核家族と一夫一妻が最も合理的な家族形態
 ・モーガン以後数十年来、多くの調査が行われ、社会の機能における親族関係の有用性を確認
  ・アフリカ、アジア、アメリカ、オセアニアの「部族」社会や、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカの「小作農」社会などにおいて。

 

 LÉVI-STRAUSS AND HIS CRITICS

 

親族研究の転換――レヴィ=ストロースの功績

●親族は、社会の基盤であり社会の動力であると認識され始めるようになった。そしてそれは親族研究の増加につながり、著名な人類学者によっても行われた。

レヴィ=ストロースの功績――人間社会の条件とは
レヴィ=ストロースインセストタブーを必要不可欠な条件として提示(『親族の基本構造』)→親族関係の発生の条件、「本当の」人間社会の出現の条件
モーガン:近親相姦の排除が、家族や親族関係の変化の原動力であるとし、人間の進歩の条件とした。
 →レヴィ=ストロースの探求≒モーガンから進化論的図式を差し引いたもの
 ・レヴィ=ストロースの研究は、単に通常の理論的関心や人類学の枠をこえ、人間に関して世界的な規模で探求するものだった。
 ・また、フロイトインセストタブーについて言及している(『トーテムとタブー』)
  ・息子による近親相姦的な父の殺害によって、親族関係が出現するとした
  ・『親族の基本構造』においてレヴィ=ストロースフロイトについてあまり言及せず
   ・フロイトの説―殺害による女性交換―は容易には実証できないことによる
 ・レヴィ=ストロースにとって(With Lévi-Strauss)、親族の研究は非常に見込みのある研究領域であった
  ・この後、レヴィ=ストロースは神話研究へ没頭。
  ・彼を支持する学徒によって親族研究は継続。「構造分析」によるもの。
 ・しかしながら、レヴィ=ストロースの打ち立てた体系は、多くの批判を受ける
  ・たとえば、フェミニスト人類学者
   ・親族関係において女性交換が「自然な」ものならば、ジェンダーの平等性は不可避的に達成不可となる

 

親族研究への批判――リーチ、ニーダム、シュナイダー

 エドマンド・ロナルド・リーチ(1910-1989)
 イギリス生まれ。レヴィ=ストロース構造主義に共感、独自の深化をはかる。
 『プル・エリア』、『高知ビルマの政治体系』、『聖書の構造分析』など。

 ロドニー・ニーダム
 ディヴィッド・シュナイダー

●リーチによる親族研究の批判と発展
 ・セイロンの村の民族誌『プル・エリア』(1961)における記述
  ・この村において「親族のつながり(kin ties)」というのは、単なる言葉に過ぎない。より重要であったのは土地との諸関係や土地所有の方である。
  →親族関係が人間社会の根幹であるという仮説を打ち崩すもの
 ・リーチのこの批判はケンブリッジやオックスフォードの人類学者によって支持される
  ・そこにおいて親族や婚姻、近親相姦や出自といった概念は詳細に吟味され、従来の定義とは相反するようなさまざまな事実に直面することもあった。
 ・『人類学再考』(1961)における記述
  ・婚姻とは普遍的な定義を与えうるような制度ではない
 ・1969年にリーチの主導のもと、ASAは宣言
  ・人類学はしっかりとした基盤が必要。そしてまず議論されるべきは「親族」である。

●ニーダムによる親族研究の批判と発展
 ・シンポジウム「親族と婚姻」の準備計画を担当
 ・シンポジウムにおける論文を集めた論集『親族と婚姻の再考』(1971)を出版
  ・リーチと同じ視点から親族研究を批判。批判とともに、研究のさらなる拡大、発展をはかる

●親族の不可能性?――リーチとニーダムの批判
 ・両者は研究の更なる展開をはかった一方で、もはや「親族」の研究は不可能ではないか、という見方を提示
  ・ニーダムの引用(p.18中央)
   「人類学者は親族研究に長けているのではなく、分析に長けている」
    →研究の恣意性を批判。「親族というものなどなく、よって親族理論もありえない」
  ・リーチの「皮肉」
   「親族用語の体系に関する研究は、セットとしてうまくいっていた」
 ・リーチやニーダムの、親族という考えへの抵抗と一般理論への批判は、ゴドリエにとっては親族研究の死の宣告ではなかった。むしろ、親族研究の新たな基盤―親族と経済、権力、宗教などをつなぐといった―であった。
 ・ただ、シュナイダーが親族を基盤としない社会を提示することで、これも15年後(1984年)にはもはや当てはまらなくなる。

●シュナイダーの一撃――親族に基づかない社会の提示
 ・Critique of the Study of Kinship(1984
  ・自己批判を通じて親族を基礎としない社会を提示
・ヤップ島におけるtabineauに関する民族誌
 ・従来の主張:tabineauは母系親族体系と結びついた拡大父系家族
 ・改訂の主張:tabineauやヤップ社会は親族に基づいておらず、別の関係や価値―経済的関係、宗教的、経済的価値―によって人びとは結びついている。
          →親族を礎としていない
・シュナイダーは、親族は「普遍的に認められた基本的な」価値であるという考え方を批判⇔レヴィ=ストロースと反対の見方

●シュナイダーの結論
 ・親族に関するすべての研究は自民族中心主義の定義を基盤としていた。
 ・親族研究は、直接的に、そしてほとんどそのままにヨーロッパの民族的認識論から由来したものだった。つまり、「血は水よりも濃い」というものである。
 ・モーガン以来の親族研究というのは、単に堂々巡りをしていただけだった。
  つまり、まだ本当には始まっていない。

 

親族研究の価値?――ゴドリエの立場

(編集中)